ハーバルラビットの副作用

ハーバルラビットの副作用とは?

ハーバルラビットの副作用ってあるの?

 

…こんな心配を持っている方は多いのではないでしょうか。
ハーバルラビットは、デリケートゾーンやバストトップのように、敏感なところへ直接塗る薬用ゲルクリームですから、こんな不安を覚えるのも当然だと思います。

 

そもそも、黒ずみが発生する=肌が弱いパーツとも言えるため、副作用の心配も大きくなりがちです。
また、たとえ黒ずみ自体が改善されたとしても、皮膚が荒れたり、ニキビや吹き出物ができたりしては全く無意味ですよね。

 

そこでここでは、ハーバルラビットの副作用の有無について調べてみました。

 

ハーバルラビットは添加物無配合で副作用を限りなくゼロへ!

ハーバルラビットの副作用

副作用を引き起こしやすい成分と言えば、

・石油系界面活性剤
・シリコン
・着色料
・アルコール
・添加物

と言った成分です。

 

でも、ハーバルラビットは、このような添加物や刺激物を一切排除し、完全に無添加の薬用クリームになっています。
これにより、何とハーバルラビットは赤ちゃんにも使用できるほどに、お肌に優しいクリームを実現しています。

 

ハーバルラビットは、お肌の弱い赤ちゃんにも使用できるという事は、皮膚が弱い方やアトピーの方なども安心して使える大きなポイントだと言えますね。
また、黒ずみの原因として特に多い、脱毛後の色素沈着の場合、特に皮膚が傷ついて弱くなっている可能性があります。

 

しかし、ハーバルラビットは、そんな敏感になったお肌にも刺激を与えず、痒みや赤みを引き起こす心配もありません。

 

ハーバルラビットは日本国内製で安心!

ハーバルラビットの副作用

ハーバルラビットは添加物ゼロに加え、厳しい品質管理をクリアしたISOマーク取得の日本国内工場で製造されています。
品質にうるさい日本人によるメイドインジャパン品質だから、海外製のように不安や心配を抱える必要がありません。

 

ハーバルラビットの副作用が心配なら、パッチテストをおすすめします

しかし、アレルギー体質の方や、極端にお肌が弱い方など、ハーバルラビットの副作用がどうしても心配な方については、まずパッチテストを行う事をおすすめします。

 

パッチテストを行う場合は、

@デリケートゾーンや粘膜付近などの皮膚が弱い部分は避ける
Aハーバルラビットを、腕や脚のなるべく目立たないパーツに直接塗る
Bハーバルラビット塗布後、24時間程度、皮膚の様子を見てみる

と言った手順で行うと良いでしょう。

 

そして、万が一、パッチテストで肌荒れや赤みの発生と言ったトラブルが起こった場合にも、ハーバルラビットには60日間全額返金保証があるので、一切の金銭的なリスクが無いと言うのも嬉しいポイント(返金保証は定期コースのみの特典)です。

 

あなたもぜひ、安心・安全のハーバルラビットで、理想の真っ白素肌を手に入れてくださいね。

 

限定キャンペーン情報を見てみる?

ハーバルラビットとイビサクリームを比較してみた結果・・・!トップページへ